東横線学芸大学駅にある手打ちうどんのお店である。
あれ?「酒」のページじゃないの?? はい、敢えてご紹介のお店。酒が呑めるんだな、これが。

もともとは、40年以上前からこの近くにあったうどん専門のお店。最初は駒沢通りに面してて、高校時代、クラブの帰りに空腹を抱えて通ったものだ。卒業後も大学時代は高校でコーチをしており、たまに顔を出してました
当時は威勢のいい(=口の悪い)おばちゃんと、せんだみつお似の息子さん、息子さんの奥さんで店を切り盛り。おばちゃんのだんなさんはあまり見かけなかった。ご家族の他にも何人か従業員がいて、その中で一番若かったのが五郎さん
おいらが就職して少し足が遠のく中、おばちゃん一家は茅ヶ崎に店を移し、のれんを受けた五郎さんが、昔の店の近くに奥さんと一緒に店を開きました。
ここ数年は家が近くなったこともあり、年に2回のOB会に加え、会社帰りに顔を出してます。
五郎さんとおいらは同い年。若く見えますよねぇ。奥さんの直美さんも、初めてお逢いしたときから全く変りなく若い。

お店は2005年12月にリニューアルし、席数も倍近くになり、内装もおしゃれで落ち着いた感じに。それを機に、酒肴メニューも充実。「さっと呑んでガッツリうどん」も「美味しい肴でじっくり呑んで、〆にうどんを少々」もできるように。

おいらは、カウンターに座り、まずは生ビールを突き出しと刺身で呑んだあと、その日の気分で日本酒(冷酒でも冷や(常温)でも)か焼酎ロックを何杯か頼んで、もうひと品、ふた品。最後は少々小さめのうどんで仕上げというパターン。

左の写真(2007.9.14のメニュー)のように、肴もたっぷり。普通の居酒屋よりも多いくらい。しかも安い。
例えば、天然岩ガキが2個で800円(時価だけど)、プリプリでしかもしっかりしたもの。そこらで食えば、ひとつの値段。
それ以外も、海鮮サラダ(850円)、松茸と海老のかき揚げ天(800円)、くじらベーコン(750円)、かんぱちのカマ焼(800円)、穴子の天ぷら(700円)、冬瓜のカニあんかけ(700円)、白海老の唐揚げ(500円)、しらすおろし(450円)・・・。揚げ物が多いのはうどんとの相性を考えてなのか。

マグロのほほ肉おろしポン酢(800円)なんてのは、鉢にちょこっと出てくるのかと思いきや、皿にドドンと出てくるので1人では食べきれない。

刺身は500〜600円。3品盛り1000円がお値打ち。

飲み屋さんじゃないが日本酒は10銘柄ほど。賀茂鶴、金陵、〆張鶴、浦霞、王禄、久保田、八海山・・・。これらが一合500〜800円。
焼酎は6,7種類。

さて、看板のうどんは、もちもち、シコシコ、文句なし。温かいうどんでも角がある。
そもそも、おいらはここ(の先代)のうどんでうどん好きになったから、このうどんが舌に合うのは当たり前。

お酒の後の小うどん(きつね、たぬき、とろろ昆布等が選べる)は450円。ざる、きつね、きざみ、たぬき、カレーなどの定番メニューは右のとおり。この他、味噌煮込みうどん、キムチ鍋うどんといった季節モノが1000〜1200円。
丼モノ、定食も充実。特に1000円前後のランチはお値打ち価格。おいら、ご飯モノはネギトロ丼のセットを食べたことがあるだけ。うまかった。でも、やっぱり「さぬきや」と言えばうどんでしょ。

古くからの常連さんには人気の裏メニューがカレー玉ちらし。平たく言っちゃえば、カレーうどんの卵とじ。もともとがたくさんのスパイスが感じられるカレーうどんに、トロトロ半熟の溶き卵。まあ、騙されたと思って、こっそりオーダーしてみて下さいませ。

「昔なじみ」でなかったとしても、フラっと寄って、一杯呑んでいきたい店です。某人気脚本家と女優のご夫妻も常連さんらしいですわ。



【データ】

「さぬきや」
場  所
 目黒区鷹番3−19−15
  (右の地図の★の位置。(地図をクリックすると大きくなります。))
 東急東横線「学芸大学」駅から徒歩4,5分。
  1 学芸大学駅改札を出て左側、西口方面「学芸大学西口商店街」を180m。
  2 東京とみん銀行(2007.9現在建替中)を右に曲がり50m。
  3 左側の中華やサンの角を左に曲がり、路地に入る。
  4 左側、児童公園の先にあるのがさぬきや。
電  話
 03−3710−0557
営業時間
 昼の部 11:30〜15:00(ラストオーダー14:30)
 夜の部 17:30〜21:30(ラストオーダー21:00)
定休日 
 日曜
キャパ 
 カウンター5席、大テーブル8名、小テーブル2名×7



ぽんしゅの池へ戻る

ぴなの園へ戻る

ぴなのほめぱげへ